キャッシングは追加で借り入れができる

キャッシングは無担保、そして無保証で現金を借りることが出来るようになっています。ただ、借りたお金に日割りの利息がかかりますので、計画的に借りなければなりません。キャッシングの利用のメリットとしては必要なときに現金をすぐに借りることができる、担保や保証人が不要、手続きが簡単、日割りで利息が計算されることです。

借りる金額が少なくてすぐに返済できるのであれば利息はあまりかかりませんのでATMで預金口座から時間外にお金を引き出した際に必要となる手数料と比べると支払う利息が少ない状態になることもあります。キャッシングで現金を借りる方法はローン業者と契約をしてキャッシングカードを作成して借りる、そしてクレジットカードのキャッシング利用可能枠で借りるという2つの方法があります。

返済方法ですが、数日後に一括で返済をするというほかに、クレジットカードで買い物をしたような翌月の一括返済、分割の返済、そしてリボ返済というものがあります。リボ返済ですが、キャッシング利用可能枠の範囲の中であれば返済中に追加で借りたとしても毎月の返済額が変わることはありません。

ただ、支払いの回数が増えることになりますので金利を含めた支払いの総額は分割返済よりも大きくなるということを知っておかなければなりません。キャッシングは利用可能額の範囲内であれば返済期間中であったとしても追加の借り入れができるということですが、複数の業者からも借りることができるようになっています。

審査甘いクレジットカードだと、さらに借りすぎてしまって返済に困ってしまう可能性もありますので、計画を立てることが重要となります。